味噌 - bird
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味噌

シェアハウスに男四人で住んでいます。料理する人しない人。時々する人。全くしない人。キッチンは使うけど、料理ってほどでもない人。色々ですが、おそらく僕はする方です。

最近、味噌にハマっています。とはいえ、売られている味噌って男一人が毎日料理しても、中々減らないので、まーしばらくは同じ味噌を使うわけです。となると、使っていた味噌が終わり、新しい味噌を買う時は、それなりに悩むんですよね。スーパーで。

当然、使い切った味噌とは違う奴にチャレンジしたいし、なんせスーパーの味噌コーナーったら結構充実していて、僕の好きなクラフトビールなんか2種類しかないのに、味噌はザッと20種類くらいのラインナップが棚に並んでるわけです。ビールよりも10倍近く日本人の食生活に根付いてるってことっすね。

さて、一応「無添加」というものを基準に選んでます。無添加そのものに常日頃めちゃくちゃ気を使っているというわけではないのですが、値段の幅が広い味噌の中で「無添加」というフレーズが付いているやつは高い分類ってことに気がついたんです。気づいたって言うか、味噌意外もそういう食材多いですから、当たり前っちゃ当たり前なんですが。加工の手間減ってるのになんで高くなるんや?という疑問もありましたが、そりゃブームも含めて需要と供給の問題やら、保存料やアルコール使って量産して一定品質で流通した方がどうたらこうたら・・・ってことで。とにかくいいんです。自分の納豆いくものを買えば。

スーパーのPBなんて、よくある味噌の容器で150円近くで買えるところを、今回はその半分くらいの量で約400円の味噌をチョイス。糀がたくさん入ったやつ。早速使ったらかなりのヒット。塩気が強すぎず、かといって薄いわけでもなく、甘みもあって、まさにまろやかな口当たりというか優しい美味しさ。蕪をたっぷり使った豚汁にしたけど、野菜の味も殺さず。ほっこりしました。



やはり、日本人で良かったとか思えてしまったり。味噌は奥が深い。スーパーの味噌コーナーでニヤニヤ悩む男もうすぐ30歳。それにしても本当にたくさんあるのだな〜。もうちょっと少量づつというか小分けというか、いろいろ試せる量で流通してくれたら、毎日違う味噌が試せて面白いのになーなんて。

今日の曲。

コメント

非公開コメント

Profile

Ippei Tamura

Share your HEART and PIZZA. 一枚のピザをみんなで囲んで食べる姿って楽しいよね。そんな気持ちで、ちょっぴりJUNKなピザ屋をやってます。自由なスタイルで富士山周辺を飛び回るイベント企画屋としても活動中。職業欄に何て書くのか悩み続けて10年以上。なんでもやっちゃうライフスタイルを提唱中。

Follow me

archive

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。