冬キャン@道志 - bird

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬キャン@道志

今週末は山梨県、道志の森に行ってきました。
イベント関係とアクセスの良さから、朝霧エリアでのキャンプが多くなりがちな僕ですが、車が空いてれば90分程度で行ける距離なので、1泊のキャンプでも、それなりにまったり行ける距離ということで、今回は山梨まで。

すでにキャンプ場は朝方の気温が氷点下になる日もでてきていて、水周りは止まっているとの事前情報。それでもキャンプ場自体は(一応)営業しています。

なので道の駅 道志(どうし)で、水を汲んでいきます。横浜市が道志川の水を使っているということで横浜市主導による道志の森エリアの水環境の保全活動が盛ん。水かなり綺麗です。これが丹沢を超えて横浜港まで続いているのかーと考えると不思議ですが、とにかく森と水は大切にしないとですね。



キャンプ場に到着し、管理棟に行くも、管理人さんが重機で何やら大掛かりな掘削作業。冬の間(雪がつもってない時期までに)現在の食堂と管理棟を改装して、来年夏に備えるらしい。ここ最近の夏季の混雑は凄いようで、いままでは食堂の中でキャンプの受付もしていたけれど、来年からはキャンプの受付専用のカウンターを増設するようです。

忙しいところすんません。って言ったら忙しくないよー。と言ってました。無事に来年はカッコ良い受付ができると良いですね。そんな話をしながら料金の支払い。受付はそんなわけで作業中なので、重機の上で領収書を書くおじちゃん。



500円 × 人数
1000円 × 車台数

2人で1台でいった僕らは、あわせて2000円!!シーズンオフとは言え安い。お水止まってるとはいえ、最近はキャンプ場が高いところばかりなので、この値段は良心的。それに、道志の森は名前だけあって本当に森。整地されたキャンプ場や、朝霧周辺の牧草地兼キャンプ場とは違って、いろんな種類の木々。それも広葉樹がたくさんあり、もちろん川も流れているという環境なので、本当に好きです。そんで、ほとんど貸切状態。いいです。


それと、冬の時期のキャンプ場に来ると、「寒いぞ?」「ストーブ持ってるか?」「明日は0度だぞ」「そんな格好で大丈夫なのか?」といった、心配してくれているような、おせっかいのような言葉をかけてくる管理人さんとかが結構多いのだけれど、ここのおじちゃんは「じゃ」という感じで。それがまた良かった。



今回の幕は、一緒に言ったNぱいせんが、今年買ったnoldiskのアスガルド。先週使ったCanvasCampのシブレーと比べると、コットン+化繊なのでさすがに軽い。コットン100%の居心地良さに感動してたけど、軽さというのも重要ですからね。好みは分かれますね。ただ、このnoldiskのワンポールは最近ユーザー増えすぎて、天邪鬼な私は、なんとなく敬遠しているのです。笑


んでも。ワンポールの立てやすさはやはり他のドーム系に比べたら圧倒的ですな。ペグダウンの位置が身についてれば、一人でも5分くらいであがるとおもいます。わかりやすいし。ただ、パイセンともこの時話したんだけど、雑誌やショップで「ワンポールは初心者や女子におすすめ!一人でも簡単!」と書いてありますが、あれはどうなんでしょうね。軽いし解りやすいとはいえ、男子女子関係なく、初めてのひとは難しいだろうし。ペグダウンしていく順番など絶妙なバランス感覚はある程度必要なのではないかと・・・ようするに練習しとけよ。ってことになり、つまるところ「慣れれば簡単」なんでしょうが、それは他の幕でも同じですよね。。。なんて。



今回の主役はパイセンが購入したばかりの「フジカハイペット」のストーブ。買ったばかりなのでまだまだ綺麗です。ケロシンのストーブは先週のキャンプで使ったブルーフレーム系をはじめ、家庭用のだるまストーブなんかを持ち込むキャンパーもいて、かなりストーブフリークも多いので結構マニアックな世界です。

同価格帯のストーブも各種ありますがパイセンによると、フジカハイペットに決めた理由は転倒時のオイル漏れと安全性・耐久性だそうです。もちろんデザインもいいけど、そういう部分はアウトドアで使うには重要っすね。僕はもっぱら薪スト派ですが、オイルストーブもなかなか楽しい。というか家でも使えるしね。



今回一緒に行ったパイセンとは中学時代からの仲(先輩)で、ボーイスカウトのつながりもあって、僕が19の時に一緒に鈍行で佐渡島へ旅行に出かけ、野宿とかしてたんすよね。卒業後は、高校大学と同じ学校だったり近くに住んでたりしてたものの会うのは1年数回だったんですが。3年前に僕のイベントのスタッフをお願いした頃から「やっぱまだお互いキャンプ好きじゃーん」ってことになり、最近はちょこちょこと一緒にキャンプ行ったり、新しいギアの話をしたり。趣味仲間的な存在。ちなみにパイセンというアダ名はFreeShelterのスタッフで僕が他のスタッフに「僕の先輩」と紹介した時から呼ばれるようになりました。

キャンプが好きな仲間や友人は沢山いますが、みんなでBBQしてわーいわーい、というよりこじんまりなキャンプが好きな僕らは結構気があって、特に何するわけでもなく、ただ飯を食って、酒飲んで、寝るだけなんですが、興味のない人が一緒にいたらポカーンとするようなところで、妙に盛り上がったりしてます。




食事。

★生バジルと蒸し鶏
ニトリで売ってるスキレット。通称ニトスキ。炭火に突っ込んで放置しただけ。味付けは天日塩を少し多めに振っただけ!バジルの香りと野菜汁&肉汁で、めちゃうまです。



★白米
実はこれ、三重県のステキフェスでおなじみ、カメラマン「みやちとーる」氏から、結婚祝いのお礼に頂いた、三重県紀北の奥川ファームさんのお米。ステキフェスの時に農場で収穫させてもらったり田植えの体験させてもらったり、お世話になっている奥川さんのとこのお米!!!!これを今回持って行ったわけなんですが・・・・うますぎた!!!!白米で「おいしい!!!」って思ったの久しぶりかも。もちろんキャンプで食べてて、飯盒使って炭火で炊いたってのもあるとは思うのですが、お米の味がめちゃくちゃうまい。お米だけで食べられるやつ!!つやっつやで甘いやつ!!これに、食べ終わったチキンから出た肉汁かけたらもうね。「余ったらおにぎりにでもしとこう」ってイメージで多めに炊いたのに二人で余裕の完食。おいしいお米ってすごいなーーーー!!いつも食べてるお手頃価格の無洗米は一体なんなんだろう。・・・という。



★おでんっぽいポトフ
ふたりのキャンプなのに、12インチのダッヂを持ってきてしまったゆえ、いろいろ入るねってことになって、買い出しが収集つかなくなり、おでんなのかポトフなのか意味不明に。結局美味しかったのでよし。夕方前くらいからジリジリとストーブの上で温めてて、ちょうどお腹が空いた頃に食べごろになりました。


★お酒
ヤッホーは、どこでも手に入るのがいいね。最近はスーパーでCOEDOなんかも手に入っちゃう。昔はクラフト系は全然置いてなかったのになー。もっともっともっと増えてほしい。ビール以外にも、日本酒やウイスキー。寒いから体が温まるお酒は結構大事。


★もち
夜食用に切り餅と海苔を持ってきていたのだけど、おでんっぽいポトフの汁が余ったので、そこに打ち込んで食べた。おでんがポトフを経由して、雑煮になりました。

★ピタサンド
朝食。ルッコラ半額だったから、適当にコーンとかチーズとかと一緒に。ニトスキにぴったりはまって、ストーブでの調理にも良い感じ。アルミに包んで置いておき、撤収作業を食べた後のブランチにね。



とまぁ、飯のことばっかりですが、時間もたっぷりあるので、ロープワークなんぞもしておりました。現在、わりとちゃんとしたハンモックを自作しようとしてまして、その両端のロープ部分、アーム部分と言ったりしますが、そこの編み方を練習中。ハンモックは地域や用途によっていろいろ種類がありますが、この編み方は良い感じの強度が出るのと、編み込み作業そのものも楽しいです。にしても、長さ、強度などまだまだ研究が必要だ。ちゃんとしたハンモックが完成するのはいつになるんでしょうか・・・ww




夜は星が綺麗でした。それから幕に映ったシルエットも!

知らない人が見たらびっくりするかも。でも、僕らは二人しかいなかったので、男二人で写真を交代でとってシルエットを作りあって山の中で爆笑してました。そうそう、フジカハイペット、完璧でした!!外は朝方、池の表面に氷が張るような気温でしたが、ひと晩快適に過ごせました!!ちょうあったかかった!!燃費は満タンの約3リットルで10時間でした。




うむ今回も良いキャンプだったな~。おわり



今日の曲

コメント

非公開コメント

Profile

Ippei Tamura

Share your HEART and PIZZA. 一枚のピザをみんなで囲んで食べる姿って楽しいよね。そんな気持ちで、ちょっぴりJUNKなピザ屋をやってます。自由なスタイルで富士山周辺を飛び回るイベント企画屋としても活動中。職業欄に何て書くのか悩み続けて10年以上。なんでもやっちゃうライフスタイルを提唱中。

Follow me

archive

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。