Yotuber - bird

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yotuber

例の「ふじのくに子ども芸術大学」がいよいよ今月末。県内各所、名だたる有名講師陣に混ざって、やらせて頂くあれです。便宜上、僕名義になってますが、実際には「だもんでTV」の二人でやります!!

これです。
http://fkac.jp/kouza2015/index.html

小中学生向けながら俺自信が参加したいくらいの講座が他に沢山あるので、正直油断してました。でもなんと15人の枠に77人という応募が!衝撃です。Youtuberというものが良くも悪しくも小中学生にとっては興味があるようですね。なりたい職業にもランクインしてますから。

そこで資料づくりのため、改めて色々調べたりしてるのですが、例えば「youtuber なりたい」とかで検索すると、簡単じゃない・稼げない・楽して稼ぐなんて無理・仕事として成り立たない・・・・といったネガティブなスタンスって結構多いんですね。そして動画サイトに関連する事件なども最近あったので、子どもたちが動画サイトを利用すること自体を批判するような意見も結構出てきます。こういう事を学校で教えなきゃだめだ!的なことも出てきます。「息子が将来Youtuberになりたいって言っててやばい・・・」なんて投稿も。



個人的には不思議でなりません。うまく言えませんが、「メジャーリーガーになりたい!」とか「宇宙飛行士になりたい!」とかってのと「Youtuberになりたい!」ってのは、時代が変わっただけで、僕としては同じように尊重するべき、子どもの将来の夢でいいと思ってます。幸い、僕自身も母親には結構自由にやりたいことやりなさいスタイルで育ててもらったので、そう感じてしまうのかもしれませんが。

少なくとも生まれたころから、どっぷりネットを使いこなす環境にある子どもたち世代なので。実際に小学生Youtuberもいますし。オッサンやオバチャン達が、安易にYoutuber批判とはちょっと浅はかなのでは?と思ったり。そうそう、もちろん誰でも簡単になれるわけじゃないですし。危険なことや守るべきこともイッパイ付きまといます。そのあたりは伝えなきゃいけないのかも知れませんが、「なんとなく危なそうだから・・・」みたいなバイアスが作られているのはもったいないなと。険しい道とはいえ、動画サイトで人気モノになって年収1億越え!!って今の世代の子ども達にとっては、プロスポーツ選手なんかと同じ感覚なんじゃないかなぁと。



もちろん著作権や違法アップをはじめ色々な問題もあったり、ちょっとした出来心が、社会的に大きな影響を及ぼしてしまう事もあるし、始めるハードルが低い分、危険は多いのですが、そんな部分も実は僕自身として、結局は「相手の立場になって考えること」「思いやりをもって行動しよう」「人のモノとったらいかん」「女の子に手出したらいかん」とかと同じように。基本はそういうことだろ!!って思ってるのです。


子どもたち世代にとってネット環境は、僕らが思っている以上に身近に、というか生活の一部となっているので、やたらにあれダメこれダメとしてしまうより "マナーを守った上手な付き合い方" みたいなものを、周りの人がやんわり伝えていける環境になる方がいいんじゃないかと思います。とにかく、そんな感覚で、ゆーる~く子どもたちと向き合える講座ができたらなと思ってます。!!


今日の動画。

コメント

非公開コメント

Profile

Ippei Tamura

Share your HEART and PIZZA. 一枚のピザをみんなで囲んで食べる姿って楽しいよね。そんな気持ちで、ちょっぴりJUNKなピザ屋をやってます。自由なスタイルで富士山周辺を飛び回るイベント企画屋としても活動中。職業欄に何て書くのか悩み続けて10年以上。なんでもやっちゃうライフスタイルを提唱中。

Follow me

archive

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。