kurikos × 永原元 @Live Bar EN - bird

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kurikos × 永原元 @Live Bar EN

Kurikosのライブに、カメラで呼んで頂いたので参加して来ました。

お店をやっていた時から、仲良くさせてもらってるKurikoさんのライブ。結構いろんな話をしたり、お店やめてからも、語り合ったりしていた仲で、焼肉とか誘ってくれる感じなのですが、ライブ環境がしっかり整った場所でのライブをちゃんと目の前で観たのは実ははじめて。過去のやり取りを思い出せば、最近こんな事があって、こんな気持ちだから、こんな歌が生まれたよ〜。なんて話も色々聞いていたので、しっかりライブを観ることができて本当に良かった。

IMG_7209.jpg


実に、自分の「うた」や「音楽」に対する感覚が真っすぐな方なのでファンが多いんでしょうね。チケット完売満席+立ち見ありという状況。お客さんの層も幅ひろ〜い。

そうそう、もう一つのポイントは会場ですね。

富士市厚原のLive Bar EN。ここのマスターであるジンさんも、楽器や歌はもちろん上手いし、やはり人柄が心地よい方。このお店が10年という節目を迎え、沼津への移転へ伴い、この4月で閉店になるという、ハコとしては最期の時期。10年間培って来た、お店自体の持つ性格、空間の温かさ、それとマスターの人間性みたいなモノにお客さんが訪れていたのも事実だと思う。

Kurikoさん自身も、ジンさんのギター教室の生徒でもあり、Kurikosとしてのバンドメンバーでもあり、音楽を共に楽しみ語り合って来た。という背景があるので、「ムネをはって、ここが"ホーム"です!と言える場所だった」と、少々感極まりながらのMCがありました。僕にとっては、10年なんて感覚まだまだ全く分からないのだけれど、それでも何かウルウルと感じるモノがあって、ファインダー越しに感動していたのでした。


超満員のライブの中、カシャカシャと撮影していると「カメラマンですか?」「仕事でやってるんですか?」なんて質問をしてくれた方々が沢山いたんですが、「いいえ。趣味です!」と答えるたびに、俺で大丈夫かな〜と思ってたんですが、そもそも今回誘ってくれた時に、「私のホームグラウンドのライブハウスでのライブ。とにかくイッペイくんにとって欲しい」と言ってもらったことを思い出しました。


-----


ライブ=ミュージシャン

じゃやないよね。という話をしてくれる先輩方が沢山います。僕もいつもそう思ってるし、このライブでもまたそんなコトを思ったのでした。ちょうど、この日はPAも、おつもお世話になってるツバッチだったので、打ち上げ後も朝までそんな話しで盛り上がり、何はともあれ、なにかしらで関われている事は素敵だなとおもった夜でした。

コメント

非公開コメント

Profile

Ippei Tamura

Share your HEART and PIZZA. 一枚のピザをみんなで囲んで食べる姿って楽しいよね。そんな気持ちで、ちょっぴりJUNKなピザ屋をやってます。自由なスタイルで富士山周辺を飛び回るイベント企画屋としても活動中。職業欄に何て書くのか悩み続けて10年以上。なんでもやっちゃうライフスタイルを提唱中。

Follow me

archive

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。