フライングキックス。 - bird
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フライングキックス。

前回のハンバーガーの記事で、スニーカーが電線に・・・ってことを書きました。

気になっていた所、ブログを読んでくれていた古着屋さんの友人が軽く教えてくれました。Jhonny'sにも行った事がある、大のアメリカ好き君です。やはりそういう文化(?)があるんですね。ふむふむ。そうだったのかという感じで、自分でも少しだけ調べてみたら、今も残っているトコロはあるみたいですね。日本で見かけることは少なそうですし、僕自身もアメリカに行った事はないので知りませんでした。教えてくれてありがとう。


というわけで、まとめてみると。

発祥は不明。
元々はギャングの縄張りを示すもの。
ドラッグの取引が行われているエリア。
子どものいたずら。

なんて、いくつか説があるどうですが、やはり縄張りを表すという説が強いようですね。仲間が亡くなってしまった時の追悼として行ったり、逆になにか祝いがあった時にもやったりするそうです。

黒人が多く住むエリアや、スラムの様な地域に多いそうですが「電線にモノをひっかける」という事の善し悪しは別として、なんだかアメリカらしくてちょっとカッコいいですね。でも教えてくれた友人曰く「アメリカ行って、電線のスニーカーを見かけたら、多分危ないエリアに入ってるんで、いかない方がいいいですよ。笑」って言われてしまいました。

ともあれ、未だにはっきりした詳細は不明なようですが、その謎を追ったショートフィルムもありました。

The Mystery of Flying Kicks from Closer Productions on Vimeo.




そもそも、結んだ靴を電線に投げてかけるのって中々難しそうですね。



コメント

非公開コメント

Profile

Ippei Tamura

Share your HEART and PIZZA. 一枚のピザをみんなで囲んで食べる姿って楽しいよね。そんな気持ちで、ちょっぴりJUNKなピザ屋をやってます。自由なスタイルで富士山周辺を飛び回るイベント企画屋としても活動中。職業欄に何て書くのか悩み続けて10年以上。なんでもやっちゃうライフスタイルを提唱中。

Follow me

archive

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。